ファスレーン365

核兵器をなくすきっかけがイギリスに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

リソースパックの"Direct Action Workshop"部分の訳

リソースパックの"Direct Action Workshop"部分の訳です.(冊子の24ページから26ページ,翻訳はポルトガル在住の M.K.さんです.)
原文 http://www.faslane365.org/en/workshops


非暴力直接行動ワークショップ

なぜ非暴力直接行動ワークショップなのか
非暴力直接行動[ダイレクト・アクション、以下DA]は状況を変える効果的なツールであるのみならず、関心のある問題について賛成か反対か、そして私達が何を考え感じているかを極めてはっきりと表現できる方法です。けれども初めてDAをする人にとっては、特に法的責任を伴う場合、怖さを感じる大きな一歩であるかもしれません。多少でも経験のある活動家であれば[ワークショップは]アクションへの自信をつけ、グループメンバーの相互信頼を構築する、
自分自身とグループの準備と訓練であると評価しているでしょう。Faslane 365のワークショップは、安心して落ち着いてアクションに臨めるように、自己能力発見課程と準備課程を補助します。

Faslane 365に[活動家として]参加した場合、かなり高い確率で逮捕される可能性があります。支援者としての参加であれば逮捕の可能性は低くなりますが、逮捕の場合に備えるのは重要です。このワークショップでは逮捕、そして恐怖や懸念を扱います。逮捕時などの手順を熟知し、あらゆる展開を予測することで、さらに安全に自信をもってFaslane 365に参加できます。

積極的にワークショップに関わることで、グループメンバーの相互理解が深まります。また、市民的抵抗について話しあい、安全かつ効果的な封鎖行動とは何かといった様々な戦略について学び、さらに法的にどのような結果となりうるか逮捕時に何が起こるか見極めます。このようなワークショップは、参加者が他の参加者と懸念を共有することで自分の立ち位置を見つけ、DAに関する自分の境界線を探索するきっかけを作り、「現場」で行動中に起こりうる異なる状況にうまく対応する準備知識を身につける一助となるでしょう。

成功の秘訣は多くの場合、準備と計画です。市民的抵抗やDAでもそれは同じです。ワークショップはそれぞれのグループがアクションを組織し計画するための基本的なツールを提供すると同時に、実践的なスキルを共用できる場所をも提供します。ワークショップは参加者そして参加グループのために行われます。内容は参加者の要望と必要に応じて調整できます。そして、もうひとつ重要なこと。楽しみながら準備し、行動することを忘れないで!

Faslane 365のワークショップ
Faslane 365指導員ネットワークは1年間継続する封鎖行動への参加準備を希望するグループにワークショップを行います。ワークショップの目的は各グループ特定のニーズに合ったワークショップを行い、各参加者が参加時間を最大限に活用できるようにすることです。所要時間はグループが希望する内容よって異なりますが、3時間から1日(もしくは2晩)です。

私たちはファスレーン基地に関する実際的な質問に答え、市民的抵抗とDAに役立つ情報源を教え、関連資料を提供することができます。

また、スキルや作業方法をできる限り分散させたいので、新しい参加者をコファシリテータ[連携補助員]として迎えたいと考えています。そのためのファシリテータ養成ワークショップではDAワークショップのファシリテータに有効な様々な方法と技術を用意しています。

ワークショップ参加者に期待されること
・ワークショップ参加者には、Faslane 365に本気で取り組むことを期待します。参加方法はいろいろあります。封鎖行動に実際に参加する、封鎖行動当日に支援者として参加する、運転手や広報連絡係として関わる、小道具制作担当等で当日までの下準備に参加する等です。どんな役割も、ファスレーン基地を封鎖するならば、それは等しく重要です。同時に、楽しんで、希望を語りましょう!

・地元でワークショップを行いたいと考えているグループは、ワークショップに適当な場所を予約し、広告し、参加希望者が滞りなく会場に集まれるように確認するなど実務的な手配をします。

・同時にワークショップではどの分野に焦点を当てたいのか、参加者は何人なのか連絡して下さい。

・主催グループにはファシリテータ二人分(地元に訓練を受けたコファシリテータがいる場合は一人分)の交通費負担をお願いしています。必要があれば、ファシリテータのために、簡素な宿泊場所を会場近くに準備して下さい。

ワークショップで何を学ぶか-扱う分野の例
・ファスレーン365の紹介:ファスレーン365とは何なのか。いつ、誰が、どのよ
うに、なぜやるのか。FAQ[よくある質問]
・動員:参加者募集方法
・支援体系:法的支援、後方支援、宿泊設備
・役割:逮捕を前提とした活動と支援活動
・バディ・システム[仲間体制]:お互いに面倒を見合うことの重要さ
・個人の準備:身の安全、[行動に参加する]個人的理由、恐怖と希望
・実際的な準備:持ち物、服装
・非暴力:なぜ非暴力なのか
・封鎖行動戦略:ロックオン、アームチューブ、小道具、練習、創造力等、封鎖装備
・実践スキルの共有:グループ内のスキル。どのように使えるか
・迅速な意思決定:シナリオ、合意
・法律に関する説明:結果、逮捕手順、法廷における後日支援
・広報活動:問題提起、プレスリリース、インタビュー、連絡係
・不測の事態:....の場合、どうする?
・その他必要な訓練:地域ベース、法的支援やメディアなど特定分野のワークショップ
・ポリス・リエゾン[警察との接触]:なぜ、どうやって接触するのか。接触係
・ファスレーン365のウエブサイトの使い方
他に追加したい事項があれば、準備に時間がかかる場合があるので、余裕を持ってお知らせ下さい。できる限りのことを考えます。
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://faslane365.blog86.fc2.com/tb.php/26-19c4b5a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

憲法フェスティバルのお知らせ!

 先日のお知らせに引き続いて、またまた、お知らせー 六本松・憲法フェスティバル が 4月28日(土) 13:20~16:50      九大六本松キャンパス 5号館 501番教室において開かれます。 今日、その準備会が笹丘の公民館で開かれまし...

  • 2007/04/25(水) 01:15:24 |
  • あんくる トム 工房
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ファスレーン365日本

Author:ファスレーン365日本
英国の核兵器を更新するかどうかの議論を核廃棄のチャンスに変える運動ファスレーン365.これを支援する日本実行委員会のブログです.
すぐ上の写真のある記事へ
呼びかけ文・連絡先賛同人・団体
リーフレット

カンパ送り先:郵便振替 01720-6-46253,ファスレーン365日本

ブラウン首相宛のネット署名
7月25-26日の日本チームの封鎖は成功裏に終わりました
8月26日の記者会見・報告会の チラシ配布資料(部分)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。