ファスレーン365

核兵器をなくすきっかけがイギリスに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

核抗議キャンプの禁止は違法

web_court_today.jpgオルダーマストン核兵器工場への抗議のキャンプを非合法化しようとした英国防省の規則が法廷で退けられました.二審の控訴院での全員一致の評決とのことです.しんぶん赤旗が日曜日2月8日に報道し,今日9日,ネットに出ました.そのままコピーします.新聞には右の写真も大きく出ています.(左から三番目がレベッカ・ジョンソンさん.クリックで拡大)
2009年2月8日(日)「しんぶん赤旗」
英の控訴院
核抗議禁止は違法
反核女性団体が逆転勝訴


 【ロンドン=小玉純一】英国の控訴院は五日、同国のオルダーマストン核兵器工場周辺での抗議活動を禁じた国防省規則を、全員一致で違法とする判決を言い渡しました。適法とした一審判決を覆したものです。
 訴えていたのは、テントを張って抗議活動を続ける女性団体「オルダーマストン女性平和キャンプ」(AWPC)。同キャンプの代表は報道機関に対し、「女性平和キャンプの勝利というだけでなく、抗議する権利についての重要な判決です。私たちは今後も違法な核兵器に抗議する合法なキャンプを続けます」と語りました。
 AWPCは一九八五年にキャンプを設置。以来、毎月第二週の金曜夜から土曜昼まで集まり抗議活動を行っています。
 国防省は二〇〇七年五月、工場境界フェンス周辺の管理地内でのキャンプを禁じる規則を導入。AWPCはこれを「欧州人権条約が保障する表現と集会の自由に違反する」と司法審査に訴えていました。
 オルダーマストン工場は、トライデント(英国の潜水艦搭載の弾道ミサイル)に核弾頭を提供しています。

これを報じる,当事者である「オルダーマストン女性平和キャンプ」(AWPC)のウェブサイトの記事は次です.
MoD defeated in freedom to protest case
この記事によると国防省は上告しないとのことで,この判決が確定します.
スポンサーサイト
このページのトップへ

NATOの元将軍トライデント更新に反対

メールリストabolition-japanに渡植貞一郎さんが紹介されたニュースです.イギリスの核廃絶に希望を持たせてくれます.渡植さんの訳を一部編集して紹介します.

英国の元将軍,トライデント更新の再考を求める(General calls for Trident rethink)
Story from BBC NEWS

Published: 2009/01/29 17:52:59 GMT

http://news.bbc.co.uk/go/pr/fr/-/2/hi/uk_news/7859046.stm

退役NATO司令官が、英国はトライデント武装体系を放棄し、核軍縮で指導性を発揮するべきだと、語った。

ジャック・シーハン将軍は、イギリスによる核兵器の放棄は「非常に近い」と考える、と語った。

彼のコメントは、トライデント・システム更新の再考に関する他の退役軍人たちの要望に続くものだ。

トライデント・システム更新の支持者は、英国による独自の核兵器備蓄は、まだ、不可欠だと言う。

潜水艦、ミサイル、および核弾頭で構成されれるトライデント・システムは、2020年代に予定終了期日を迎える。

トニー・ブレアー前首相は、2006年にシステム更新にゴーサインをだした。

NATOの元大西洋軍最高司令官シーハン将軍は、BBCラジオ4のワールド・トウナイト番組で次のように語った。

「きわめて近いうちに、英国が最初に核兵器を放棄する国連常任理事国になる宣言をすると、私は考えている。英国政府は、多くの確かな根拠に基づき、そうすることができるし、世界を主導することが、完全に可能だと考える。」

シーハン将軍は、そうなれば国際社会に重要なインパクトを与えると、次のように語った。

「そうなればとたんに、何故フランスが核システムを保有しているのかが問題になるだろう。また、米国とロシアが、現在の核態勢の路線変更をして、対話構築の方向に向かわせるはずみとなる。」

しかし、彼はまた、このような変革を起こすのには、勇気のある政治行動が必要だと、語った。

BBCの安全保障問題担当記者のゴードン・コアラによれば、トライデントが老朽化しているので、それをどうするか決定しなければならないという。

費用

BBC記者は英国の核軍縮の可能性について、次のように語った。

「批判的な論者は、核軍縮は英国の安全性が低くなったと思わせるリスクをともない、しかも国際的なインパクトはほとんどない、と主張する。支持者たちは、核兵器の非合法化を支援し、核兵器獲得を目指す国家の風潮を食い止められるるかもしれない、たとえば、(核保有国は)ダブルスタンダードだという、イランのクレームを封じ込められる、と言う。」

シーハン将軍の発言には、他の退役高級軍人たちからも賛同の声が寄せられている。たとえば、陸軍元帥ブラモール卿、将軍ヒュー・ビーチ卿によれば、核兵器は高価過ぎ、しかもほとんど役に立たないという。

また、将軍ラムスボタム卿は、200億ポンドという莫大な支出は問題視されるべきだと、BBCに語った。

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ファスレーン365日本

Author:ファスレーン365日本
英国の核兵器を更新するかどうかの議論を核廃棄のチャンスに変える運動ファスレーン365.これを支援する日本実行委員会のブログです.
すぐ上の写真のある記事へ
呼びかけ文・連絡先賛同人・団体
リーフレット

カンパ送り先:郵便振替 01720-6-46253,ファスレーン365日本

ブラウン首相宛のネット署名
7月25-26日の日本チームの封鎖は成功裏に終わりました
8月26日の記者会見・報告会の チラシ配布資料(部分)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。