ファスレーン365

核兵器をなくすきっかけがイギリスに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

「週刊金曜日」にファスレーン365の記事

kin-youbi-tn-c.jpg「週刊金曜日」最新号にファスレーン365と大学人による封鎖の記事が載りました.3月23日号の「金曜アンテナ」です.旧号になったら内容を転載します.
スポンサーサイト
このページのトップへ

実行委員会は3月27日

ファスレーン365日本 第6回実行委員会のご案内です.新しく加わっていただける方を歓迎します.
日時:3月27日(火)19時
場所 九大筑紫キャンパス 総合研究棟 (通称C-CUBE),→鳥瞰図
   JR鹿児島本線大野城駅 [快速停車] 下車,徒歩5分

新しいリーフレットの考案・検討,イギリス首相府からの返事に対する反論の検討などの話し合いと,発送先のリスト作りなどの作業をします.
このページのトップへ

日本チームの当番は7月25-26日

数日前から右のサイドバーに赤で表示していますが、日本チームの当番は7月25-26日に決まりました。ファスレーン365の当番表にも載りました。一日おいて、同じく日本からピースボートの一隊が支援、視察に来ます。
http://www.faslane365.org/en/event/2007/07/22/month/all/all/1
観光にも最適の季節です。この夏はスコットランドへ是非。
7月の当番表

このページのトップへ

英国下院院内副総務がトライデント更新反対で辞任した

2007年3月14日(水)「しんぶん赤旗」にこんな記事がありました。

下院院内副総務がトライデント更新反対で辞任した。

またBBCラジオのアンケートでは労働党議員の101人の内64人がトライデントの更新に反対で15人が態度未定だとか・・・
労働党と野党の差は67人
与党内で造反者が出る可能性もある・・・
14日の採決やいかに・・

記事を再度書きます。

なかなか面白くなってきた。

以下引用です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

英核兵器更新に反対
下院院内副総務が辞表
「良心を堅持する」と声明

--------------------------------------------------------------------------------

 【ロンドン=岡崎衆史】ナイジェル・グリフィスス英下院院内副総務(閣外相)は十二日、政府の核兵器システム更新推進に反対して、ブレア首相あてに辞職願を提出しました。同氏は政府に抗議する声明を発表し、「確かな良心を堅持して」辞職すると述べました。


--------------------------------------------------------------------------------

 十四日には、現有核戦力の更新の是非をめぐって下院で採決を行う予定。与党労働党内から造反者が相次ぐことが予想されています。

 BBCラジオが十一日に明らかにした労働党下院議員に対するアンケートによると、回答した百一人のうち六十四人が更新に反対を表明し、十五人が態度未定だと述べました。

 下院ホームページによると、投票可能議員数で見た場合、労働党と野党との差は六十七人。ブレア首相は、与党内で造反者が出た場合、野党第一党の保守党などの賛成を得て過半数を獲得したい意向です。

 英国は現在、潜水艦発射のトライデント核ミサイル五十基、核弾頭約二百発、バンガード級原子力潜水艦四隻からなる核戦力を保有。このうち原潜の退役が二〇二二年から始まるため、次世代核兵器開発をめぐる論議が進められてきました。

 政府は昨年十二月、核戦力更新のための白書を発表。バンガード級原潜に代わる新型原潜の開発を目指し、トライデント・ミサイルの寿命延長に向けた米国の研究開発プログラムに加わる方針を明らかにしていました。


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

イギリス下院議員に送ったメール

いよいよ明日,イギリス下院でトライデント更新問題の審議と採決が行われます.今日未明,関係委員会の委員長二人に豊島が送ったメールを掲示します.
ぜひ皆さんも,短くても,一言でも,送って下さい.メール送信サイトと,キーメンバーのリストを再掲します.

送信フォームへのリンク付き議員名簿
http://www.parliament.uk/directories/hciolists/alms.cfm
キーメンバーのリスト
http://www003.upp.so-net.ne.jp/maytime/F365/keyMPs.html

では,私が送ったメールの本文です.少々の英語の欠陥など構っていられません.
(レベッカさんによる添削版に置き換えました。完全な英語ではなく、日本からのものというauthenticity を保つため、日本語的な部分は残したとのことです。)

Please don't decide to renew unilaterally the WMD

Dear Mr Mike Gapes
I am a Japanese citizen and, since I repeatedly heard of the aftermath of Hiroshima and Nagasaki bombings, I strongly ask you to oppose the renewal or replacement of Trident, the WMD possessed by UK.

We have collected signatures* from many Japanese people asking Prime Minister Tony Blair to renounce the Trident system, and sent it to 10 Downing Street last month. We received a reply from the Prime Minister's office. In that letter, among several reasons to justify keeping the nuclear WMD , they wrote "there is also a new and potentially hazardous threat from states such as North Korea which claims already to have developed nuclear weapons or Iran which is in breach of its non-proliferation duties".

We live far closer to North Korea, but we do not want Japan to use this as an excuse to get nuclear weapons. Also, please consider which is the more serious breach of the NPT and international security - to take the first steps to obtain the WMD or to keep deploying and threatening to use the WMD for years and even to renew them? Besides, even North Korea hopes to resolve its problems with diplomacy and will give up its nuclear ambitions if that is successful. But Britain doesn't seem to want to consider diplomacy instead of renewing its nuclear weapons.

In that letter it is also stated as a pretext to keep the WMD that "no present nuclear power is or is even considering divesting itself of its nuclear capability unilaterally". We will never get rid of the nuclear nightmare if all nuclear powers say the same thing forever . In our view, this decision would mean Britain will invest in a new generation of nuclear weapons "unilaterally", and that will further undermine the multilateral non-proliferation regime.

I sincerely ask you to lead the discussion of the House of Commons to deny the renewal of the Trident system. I hope that your country, the country where the idea of the A-bomb was first born** and raised, would become the leader to bring the nuclear-free future to the world by unilaterally renouncing your WMD.

Yours sincerely,
Kouichi TOYOSHIMA
Professor of physics at the University of Saga, Japan

* on-line petition page for the Japanese
http://ad9.org/f365j/faslane.html
** "Frish-Peiers Memorandum", and the "Maud Report".
このページのトップへ

youtubeのアップに成功しました。

youtubeのアップに成功しました。

まず1月7日に「ファスレーン365」の一環として大学人による封鎖(Academics' Trident Seminar Blockade)が(英国ファスレーンで)行われましたがその時に 佐賀大学豊島教授の撮った映像をアップしました。

今後各種の映像発信をして行きたいと思います。

テーマ:ファスレーン365 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

議員にメールを送ろう! 3月14日に下院で審議

トライデント更新問題が,3月14日(来週水曜),英下院で審議されます.関連委員会のメンバーなど,重要議員のリストを次に掲示しました.メール送信欄付きの議員リストで,日本からも意見を届けましょう.

重要議員のリスト
http://www003.upp.so-net.ne.jp/maytime/F365/keyMPs.html

メール送信欄付きの議員リスト(例)
http://www.parliament.uk/directories/hciolists/alms.cfm

必要な語彙や表現は,随時アップロードします.皆さんも例文等をコメント欄へ!

イギリス最大の反核団体CNDは,当日緊急ロビー活動を呼びかけています.また,ファスレーン基地では封鎖行動が実施されます.
このページのトップへ

イギリス首相官邸からの手紙の内容

手紙の文章を以下に紹介します.この問題での定型文なのでしょうが,次回に署名を送るときには,一応は反論文も入れなければならなくなりました.
これに,イギリス議会の議事録の一部が同封されていました.

_____________
http://www.publications.parliament.uk/pa/cm200607/cmhansrd/cm061204/debtext/61204-0003.htm
このページの次の章
4 Dec 2006 : Column 21 Trident

さらに,
http://www.publications.parliament.uk/pa/cm200607/cmhansrd/cm061204/debtext/61204-0004.htm
このページの,次の発言の前まで.
Mr. David Cameron (Witney) (Con): Let me say straight away that I agree with the Prime Minister ....

つまり,4 Dec 2006の議事録のColumn 21からColumn 24までが同封されていました.
_____________

では,手紙の本文です.

_____________

10 DOWNING STREET
LONDON SW1A 2AA

From the Direct Communications Unit 28 February 2007


Mr Kouichi Toyoshima
245-11Toyoda
Yamamoto-machi
Kurume-shi 839-0827
Japan


Dear Mr Toyoshima

I am writing on behalf of the Prime Minister to thank you for your recent letters and enclosed petition regarding Trident.

Mr Blair would like to reply personaliy, but as I hope you will appreciate, he receives many thousands of letters each week and this is not always possible.

As you may be aware, on 4 December 2006, the Government published a White Paper setting out plans to maintain the UK's nuclear deterrent. I enclose a copy of the statement that the Prime Minister made to the House of Commons that day explaining the Government's decision. Essentially, the Government's judgment was that, on balance. it could not be certain in the decades ahead that a major nuclear threat to the UK's strategic interests will not emerge; that there is also a new and potentially hazardous threat from states such as North Korea which claims already to have developed nuclear weapons or lran which is in breach of its non-proliferation duties; that there is a possible connection between some of those states and international terrorism; that it is noteworthy that no present nuclear power is or is even considering divesting itself of its nuclear capability unilaterally; and that in these circumstances, it would be unwise and dangerous for Britain. alone of any of the nuclear powers, to give up its independent nuclear deterrent.

Some have argued that this decision did not need to be taken now. But the fact is that the Vanguard submarines, which carry the Trident missiles, will start to near the end of their service life in the early 2020s. That will be after a five year extension. Given the time it takes to design and build new submarines, a decision needed to be taken now as whether or not to do so.

The costs of replacing the submarines will be refmed as detailed discussions with industry progress. The Government's current estimate is that the procurement costs of the new submarines and associated equipment and infrastructure will be in the region of ?15-20 billion (at 2006/07 prices) for a four submarine fleet, although the Government will be assessing whether it could maintain the deterrent with just three. The costs will fall principally in the period between 2012 and 2027.

The decision to replace the Trident system does not in anyway weaken the Government's commitment to the nuclear Non-Proliferatlon Treaty (NPT). which the Government regards as the cornerstone of the international non-proliferation and disarmament regime. This issue was covered in detail in the White Paper, and in the supporting fact sheets, which are available on the Minlstry of Defence (MOD) website (www.mod.uk). Maintaining a minimum nuclear deterrent is fully consistent with all the UK's international legal obligations. including those under the NPT. The UK is, in fact, the only nuclear weapons state recognised under the NPT to have a deterrent based on a single platform, delivery system and warhead design, and have already significantly reduced the scale and readiness of the Trident system.

In addition to this, the White Paper announced that the Government has decided to reduce the number of operationally available nuclear warheads to less than 160, a cut of 20 % compared to the previously declared maximum. This means that the UK will have reduced the upper limit on it operationally available nuclear warheads by nearly half since 1997.

I hope that this helps to explain the Government's position on this matter. As the Prime Minister made clear to the House of Commons, there will be a full Parliamentary debate and vote on this issue in the spring. This will allow plenty of time for all interested parties to make their views known.

Yours sincerely

M DAVIES

このページのトップへ

イギリス首相官邸から返事

先日送った署名への返事が来ました.テキストをOCRで読みとってアップロードします.
差出人は「ダウニング街10番地」とだけ書かれていました.これで世界中通用するわけですね.さすが大英帝国!
ダウニング街10番地

このページのトップへ

朝日の3月2日夕刊がファスレーン365を紹介

(3月7日追記)記事のテキストをペガサス・ブログ版に転載しました。

今日,3月2日の朝日新聞の夕刊でファスレーン365と,日本実行委員会の活動が紹介されました.残念ながら全国規模ではなく,九州・山口の範囲のようです.
見出しは次のようです.

核なき世界へ英国から
更新阻止狙い座り込み
(7x5cm程度のカラー写真)キャプション:基地前に座り込む人たち
支援,長崎,佐賀からも

いま東京にいるので,帰宅したら詳しく紹介します.
asahi march 2 07
このページのトップへ

東京で"オルグ”します

フライヤー(チラシ)を少しだけ改訂しました.末尾に,二回目の「大学人による封鎖とセミナー」の紹介を入れました.
http://pegasus.phys.saga-u.ac.jp/F365/F365flyerJ0301.pdf

代表は今夜から私用で東京に行きます.この機会に,本会の件では,反核法律家協会会長の池田眞規さんと会う予定です.土曜日は明治学院大学で開かれる公開シンポジウム「知らされなかった核兵器の脅威」に参加します.上のフライヤーを配布するなど,ファスレーン365の喧伝もしてきます.

反核法律家協会のウェブは更新がダメのようですが,活動は活発です.新たな原爆裁判についての検討がなされています.
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ファスレーン365日本

Author:ファスレーン365日本
英国の核兵器を更新するかどうかの議論を核廃棄のチャンスに変える運動ファスレーン365.これを支援する日本実行委員会のブログです.
すぐ上の写真のある記事へ
呼びかけ文・連絡先賛同人・団体
リーフレット

カンパ送り先:郵便振替 01720-6-46253,ファスレーン365日本

ブラウン首相宛のネット署名
7月25-26日の日本チームの封鎖は成功裏に終わりました
8月26日の記者会見・報告会の チラシ配布資料(部分)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。