fc2ブログ

ファスレーン365

核兵器をなくすきっかけがイギリスに!

アンジー・ゼルターさんの"Activism for Life"和訳刊行クラウドファンディング開始

イギリスの平和運動家アンジー・ゼルターさんの"Activism for Life"(仮題「活動家という生き方―非暴力が世界を変える」)という本の翻訳出版計画を進めてきましたが、ようやく今月末(9月30日)に出版社に原稿を送る段階まで来ました。「400部買取り」と諸経費の資金捻出のためのクラウド・ファンディング(CF)を開始しました。12月8日までです。

この本の出版の意義についてのPRと、CFのお願いも兼ねて、下記のとおりZOOMセミナーを開催します。どうかご参加下さるようお願いします。

翻訳チームの大津留・川島・豊島が、著者アンジーとの関わり、翻訳箇所の感想、出版への思いを語ります。連休の土曜の夜、コンパクトに1時間を予定しております。
このセミナーの案内チラシも添付します。どうかよろしくお願いします。

--- 記 ---
日時 2023年9月23日(土)20時-21時(日本時間)
内容 翻訳者3人によるプレゼンテーション
ZOOM ミーティングID:924 651 3214 パスコード: 803142 (または次をクリック)
https://us02web.zoom.us/j/9246513214?pwd=VmRKTnFGSXZ0b056WmNJOXBZci90QT09

クラウド・ファンディングのサイトはこちらです。
https://camp-fire.jp/projects/view/675547

zoom-seminar

このページのトップへ

佐賀大学で28日に開かれる集会の詳細

前回の記事の末尾で簡単にご案内しましが,あらためて佐賀での報告会の詳細をお知らせします.

日本人12名でいかに英国の核基地を封鎖したか
  -- 核兵器をなくすきっかけがイギリスに! --

  日本科学者会議佐賀支部例会(一般の方の来聴歓迎・無料)
  日時:11月28日(水)18時~20時
  場所:佐賀大学大学会館2F 多目的ホール
  話題提供者:豊島耕一(佐賀大学理工学部教授)

イギリスから核を廃絶するための世界市民の共同行動「ファスレーン365」が,昨年10月から1年間,スコットランドの核兵器基地で取り組まれました.これに参加するため,長崎の被爆者を含む日本の市民12名が現地に赴き,7月25日に平和的な基地封鎖を実施しました.基地前の原爆パネル展,折り鶴や竹筒を使った封鎖など,多くのドラマがありました.現地のメディアも好意的に大きく取り上げました.
現地で撮影したビデオ映像や写真を使いながら,核廃絶の一歩手前まで迫っているスコットランドの反核運動の熱気をお伝えします.

主催:日本科学者会議佐賀支部. 支部長 白武義治(佐賀大学農学部)
e-mail:shiratayアットcc.saga-u.ac.jp,Tel/Fax: 0952-28-8733


(追加説明)核兵器国の一角であるイギリスが非核化される可能性が高くなって来ています.核が配備されているスコットランドで去る5月に選挙があり,核廃絶を掲げるスコットランド国民党が自治政府の政権を取りました.

このほど自治政府の首相アレックス・サモンド氏は各国に書簡を送り,イギリスの核兵器保有(更新)に反対する同政府への支持を要請しました.

このような自治政府の政権交代と,非核政策の後押しをしたのが「ファスレーン365」という世界市民の共同行動です.これに参加した日本チームの経験をお話しします.
このページのトップへ

本日22日の講演レジュメを掲示

本日(22日),福岡市唐人町にあるふくふくプラザで講演をしますが,そのレジュメを次に掲示します.
講演レジュメ
これは簡単なものですが,会場ではもっとたくさんの資料を配布します.
このページのトップへ

プロフィール

ファスレーン365日本

Author:ファスレーン365日本
英国の核兵器を更新するかどうかの議論を核廃棄のチャンスに変える運動ファスレーン365.これを支援する日本実行委員会のブログです.
すぐ上の写真のある記事へ
呼びかけ文・連絡先賛同人・団体
リーフレット

カンパ送り先:郵便振替 01720-6-46253,ファスレーン365日本

ブラウン首相宛のネット署名
7月25-26日の日本チームの封鎖は成功裏に終わりました
8月26日の記者会見・報告会の チラシ配布資料(部分)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する